シエスタ

非公式K大オカルト研究会会長によるHP

13日の金曜日を見る

古典ホラー映画みようキャンペーン

今回は……

13日の金曜日です!

ちなみにこの映画の13日の金曜日はいつの13日の金曜日かというと六月の13日の金曜日です。明日みんなに自慢しよう!

 

ということで13日の金曜日をみます

冒頭で今回の舞台であるクリスタル湖が映し出される。そこでなにやら凄惨な事件がおこりここには何かあるということを観客にしらしめる

場面はかわりおそらく主人公らしいアニーが例のクリスタル湖へ向かおうとしている

そこででてくるのが怪しげな親爺。彼はクリスタル湖へ向かおうとするアニーを止めるがアニーは相手にしない

話は変わるが皆さんはキャビンという映画をご存知だろうか

これはホラー映画のあるあるを集めた映画なのだが(くそ雑な説明です)そこにホラー映画あるあるとして不吉な予言をして主人公たちに忠告する謎の人物というものがでてきます。

私はキャビンのこのシーンを見たとき、確かにありがちといえばありがちだな、と思ったものだが、具体的にどの映画にあるシーンなのかよくわからなかった。しかし元ネタはおそらくこの13日の金曜日であろう。

しかし13日の金曜日を見たことがない私がなぜこのシーンをありがちだと思ったのかは謎として残るが、それはおそらくホラー映画好きとしての原初の記憶が刺激されたのであろう。