シエスタ

非公式K大オカルト研究会会長によるHP

真冬の夜のホラー映画鑑賞『the visit』

邦題ヴィジット

祖父母の家に旅行に行く

ただ、祖父母からは、「楽しい時間を過ごすこと」、「好きなものは遠慮なく食べること」、「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という3つの約束を守るように言い渡される

pov形式のホラーです。

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

評価としてはなかなか高い

まず映画の予告が引き込まれる。こういうミステリー要素のある雰囲気は結構好きです。ストーリーとしての評価はあまり高くないが主人公のラップがかっこいい。因みにうんこ注意映画です。

序盤から不気味な描写が出てくるのだが普通に笑ってしまった 。私がホラー映画を見すぎていてあまり怖がるということはないからなのか、それとも誰が見ても笑ってしまうのか気になるところである。スタッフが笑わせようとしてるのではないことはわかる。笑いと恐怖は紙一重という誰かの言葉を強く実感できる映画である。

主人公の兄弟の姉は鏡を見ることが出来ないトラウマを抱えているのだがその理由がよくわからなかった。しかしストーリーにはそのトラウマが伏線となった描写があり監督の努力が見える。

povは大好きなのでおすすめしたい映画の一つである。