シエスタ

非公式K大オカルト研究会会長によるHP

掟上今日子の備忘録、読了

いまさら、掟上今日子の備忘録、読了。

西尾維新の作品は戯言をはじめ、物語、世界など結構読んでいたけれど、ドラマ化してしまいなんとなく食わず嫌いになっていた本。

西尾感は弱めだが健在という感じ。しかしシリアスにしかなりようがないような内容。どうなるんだこれ...

ファンとしてこのシリーズはここから一気に読んでいくことをひっそりと決心。ファンならとっくに読んでいるだろうという感じだが、実はこの本冒頭だけは発売前から読んでいた。確か物語シリーズのどっかに付録であったんじゃなかったかな。

というか少し読んでいたせいで貧乏人根性が出てしまい、本に手を取れなかったというのが本音か...

因みにこれを買うとき一緒に海辺のカフカ購入。

意識高い系の誹りは免れ得まい。初村上春樹。まだ読んでないけど。あんまり読む気もしないけど。

純文学って食指が動かない。子供舌ということだろう。まあ買ってしまったので読もう。面白かったらなんとか賞受賞したなんとかの森も読もうか。そういえば最近新刊で騎士団長殺しとか見た。村上春樹が刷り込みされてたかもしれない。所詮人間の自由意志などあってないようなもの。周りから影響を受けている。